セサミンに含まれる成分とは

セサミンはゴマに含まれています。
抗酸化成分の一種です。
現代に溢れる添加物が含まれた食品や喫煙、ストレスなどにより、
活性酸素を発生させる要因を抑制する物質を抗酸化物質と呼び、
セサミンはゴマに含まれており抗酸化成分の一種です。

体内で強い抗酸化作用を発揮するセサミンは、
アルコール分解を助けてくれたり、悪玉コレストロールを低下したり、
血圧までも下げると言うことも報告されています。

抗酸化物質はほとんどのものが水溶性です。
肝臓に届く前に血液中に溶けて血中の活性 酸素を取り除く働きをしますが、
セサミンは脂溶性で肝臓に届いてから作用する唯一ともいえる抗酸化物質なので、
体の中でも時にエネルギー生産が盛んな肝臓で行なう食品添加物や、
アルコールなどの解毒・分解の大きな助っ人となってくれます。

その他にも抗酸化作用のあるセサミンは、
細胞の老化防止作用によりアンチエイジングやシミ・シワの改善にも効果があるとされ、
美容面でも大変注目を受けています。
細胞の活性化により発毛にも期待が持てるといえ、
正式な研究報告はまだ途中段階ですが愛用者からの多くの声はすでに届いているようです。

ゴマは古くから栄養の宝庫と言われ、
たんぱく質やカルシウム、ビタミンやミネラルなど多くの栄養成分を含んでいますが、
ゴマに含まれるセサミンを摂取するためには、
セサミンはゴマ1粒に1%以下しか摂れないのでゴマ3000粒以上も食べなくてはならず、
効果的にセサミンを摂取するにはサプリメント摂取が有効であると言えます。
サプリメントでは他の成分と配合され特徴のあるセサミンサプリメントが数多く出回っています。

必須脂肪酸であるDHAとEPAの配合されるサプリメントは、
とっても酸化しやすいDHAとEPAを酸化しにくいセサミンで閉じ込めることによって、
体の中心にしっかり届いてから作用すると言うことができるようになりました。
その他にも、セサミンと相性が良くセサミンの効果を高める天然ビタミンEを配合したサプリメントもあります。
ページのトップへ戻る