セサミンを摂るとどんな効果がある?

ゴマから摂れる栄養成分の1つであるセサミンは、
セサミン・セサミノール・セサモール・セサモリンなどから構成された『ゴマリグナン』という、
ゴマ1粒の1%にしか含まれないと言われる抗酸化物質の中でも最も強い抗酸化力を持っている栄養成分です。
ゴマ1粒に1%以下しか満たないセサミンを1日にちょうど良い量摂るには、
ゴマを3000粒程度消費する必要がありその分をセサミンのサプリメントで補うには1日10mgと言われます。
セサミンを効果的に摂取するにはサプリメントを上手に摂ったほうが良いでしょう。

<セサミンの効果>
☆抗酸化作用による細胞の老化防止や美容・アンチエイジング。
細胞の老化の原因と言われる活性酸素の働きを抑えて、
過酸化脂質の増加を防いで細胞の老化を防ぎます。
細胞の老化を防ぐことによってシミやシワの改善にも効果が期待できます。

☆悪玉コレストロール増殖を抑さえ、
血管障害や動脈硬化の予防・改善が期待できます。
コレストロール自体は体の細胞膜やホルモンの材料になる大切な栄養素で、
身体に悪いものではありませんが量や種類が関係してきます。
セサミンによって悪玉コレストロールを減らし血管を健康な状態に保ちます。

☆肝機能を向上させ二日酔い防止にも効果的。
ポリフェノールなど、セサミン以外の抗酸化力をもつ成分は主に水溶性なので、
肝臓などにいく前に血液の中に溶け出してしまいますが、
セサミンは肝臓に到達してからはじめて効果を発揮するので、
酔いの原因と言われているアセトアルデヒドを分解・促進することにも効果が期待できます。

☆女性ホルモンと同様の効果。
イソフラボンと同じように女性ホルモンを補う効果もあるので、
更年期障害を抱えた女性の症状を軽減することもできます。

このようにセサミンの効果はさまざまありますが、
ゴマから摂れる栄養成分であるためか副作用などは今のところ報告されていないようです。
ページのトップへ戻る